書評/新聞記事 検索  図書新聞は、毎週土曜日書店発売、定期購読も承ります
評者◆今福龍太
追悼 クロード・レヴィ=ストロース 世界の変容を直覚しつづけた頭脳 
No.2943 ・ 2009年11月28日




 この十月にパリのプロン社から箱入りセットで再刊されたばかりの『神話論理』四巻本が我家に送られてきた当日、レヴィ=ストロース逝去の報を受けた。一つの稀有なる贈与としての思想。著者の死ののち、地下のマグマのように滾るこの思想の恩寵をどう受け継いでゆくべきなのか。稀なる書物の到着と死の知らせが同時に届けられるという偶然も、碩学の一世紀におよぶ生涯の意味とその啓示を私に深く考えさせるに充分な出来事であった。
 昨年パリで刊行された瞠目すべきプレイヤード版の一巻本『著作集』と、化粧箱に入った真新しい『神話論理』とを机にならべて、私はいまこの追悼文の筆をとろうとする。大冊『神話論理』と専門的な人類学論文集を除くレヴィ=ストロースのほとんどすべての刊行書が二一二八ページの極薄の聖書紙による小型革製本に集成されたプレイヤード版著作集。その小さな活字に目を痛めながらも、旧版の写真が大幅に差し替えられて蘇った『悲しき熱帯』の新たな装いに私は魅了され、ブラジルのインディオ世界を思想的小宇宙として提示したこのテクストの森の細部にふたたび昂揚とともに分け入った。一方、四巻で総二〇三八ページを数える、執筆だけで八年を要した畢生の大著『神話論理』が新たな箱に入った姿は壮観で、その四キロにもなる重量が、八...







【今すぐどなたでも読める書評・記事はこちら】
  • 新聞連載(※一部連載を除く)
  • サイト限定連載
  • 読者書評
  • 【現在、図書新聞を定期購読されている方】
    こちらのフォームから「ご契約者のお名前」「郵便番号、ご住所」「メールアドレス」「ID・パスワード新規取得」の旨をご連絡ください。
    【定期購読されていない方】
    定期購読契約が必要です。
    こちらから定期購読のお申し込みをしてください。






    
    リンクサイト
    サイト限定連載
    
    図書新聞出版
      最新刊
    『新宿センチメンタル・ジャーニー』
    『山・自然探究――紀行・エッセイ・評論集』
    『【新版】クリストとジャンヌ=クロード ライフ=ワークス=プロジェクト』
    書店別 週間ベストセラーズ
    ■東京■東京堂書店様調べ
    1位 ユーカリの木の蔭で
    (北村薫)
    2位 皆川博子長篇
    推理コレクション2
    (日下三蔵編)
    3位 猫を棄てる
    (村上春樹)
    ■新潟■萬松堂様調べ
    1位 MASK
    PATTERN
    BOOK
    2位 還暦からの底力
    (出口治明)
    3位 宿無し弘文
    (柳田由紀子)

    取扱い書店企業概要プライバシーポリシー利用規約