書評/新聞記事 検索  図書新聞は、毎週土曜日書店発売、定期購読も承ります
評者◆ペドロ・コスタ (聞き手・構成 土田環)
何かを探す人々の生は、旅そのもの――日々変わることのない作業のなかに、変奏がもたらされる
No.2976 ・ 2010年07月31日




 二年ぶりとなる新作『何も変えてはならない』が公開されるポルトガルの俊英、ペドロ・コスタ監督にインタビューした。聞き手と構成は、映画研究者の土田環氏にお願いした。(編集部)

●ジャンヌ・バリバールとの
出会い
 映画『何も変えてはならない』は、友情が重なり合うことから生まれた作品です。歌手としてのジャンヌ・バリバールの活動を映画にするきっかけとなったのは、フランス人の録音技師、フィリップ・モレルの存在でした。フィリップは、パリとリスボンの間を行き来しながら、私の映画『ヴァンダの部屋』の撮影に参加していました。その最中のことだったでしょうか、ある日、彼が私に一枚のCDを渡してくれたのです。それが、ジャンヌの一枚目のCD『Paramour』でした。そして、興奮した口調で、ジャンヌと一緒に何かできれば面白いと語っていたのを覚えています。マチュー・アマルリックやローレンス・フェレイラ・バルボザの映画でジャンヌとも仕事をしていて、親しい友人でもあったフィリップが、歌手活動を始めたジャンヌのミュージック・クリップのようなものを作りたいと考えていることはすぐに分かりましたが、彼女のことを個人的に知らない以上、具体的に何かが進むことはありませんでした。じっさいに、私がジャンヌ・バリバールと初めて出...







【今すぐどなたでも読める書評・記事はこちら】
  • 新聞連載(※一部連載を除く)
  • サイト限定連載
  • 読者書評
  • 【現在、図書新聞を定期購読されている方】
    こちらのフォームから「ご契約者のお名前」「郵便番号、ご住所」「メールアドレス」「ID・パスワード新規取得」の旨をご連絡ください。
    【定期購読されていない方】
    定期購読契約が必要です。
    こちらから定期購読のお申し込みをしてください。






    
    リンクサイト
    サイト限定連載
    
    図書新聞出版
      最新刊
    『新宿センチメンタル・ジャーニー』
    『山・自然探究――紀行・エッセイ・評論集』
    『【新版】クリストとジャンヌ=クロード ライフ=ワークス=プロジェクト』
    書店別 週間ベストセラーズ
    ■東京■東京堂書店様調べ
    1位 なめらかな世界と、その敵
    (伴名練)
    2位 石川九楊自伝図録 わが書を語る
    (石川九楊)
    3位 罪の轍
    (奥田英朗)
    ■新潟■萬松堂様調べ
    1位 一切なりゆき
    (樹木希林)
    2位 一人暮らし
    わたしの孤独のたのしみ方
    (曽野綾子)
    3位 のっけから失礼します
    (三浦しをん)

    取扱い書店企業概要プライバシーポリシー利用規約